「羊の皮を着た狼」真っ赤なポルシェ911が秘めたスピードとパンチとは?

ロサンゼルスを拠点に活動するイギリス人のマグナス・ウォーカーは、ポルシェの世界でいま注目の人物だ。マグナスが〝ひねり〞を加えた1966年式911サンルーフモデルを紹介しよう。

ここ数年、その個性的なキャラクターでクラシックポルシェ界に旋風を巻き起こしているのがマグナス・ウォーカーだ。シェフィールド生まれのエンスージアストで、これまでに高品質のヴィンテージ911を何台も送り出してきた。マグナスのレストアはスポーティーさに重点を置き、公道でもサーキットでもアグレッシブな走りを楽しめるクルマを目指す。結果的に、危険な香りと獰猛なサウンドを放つクルマに仕上がるが、派手なホイールフレアなどは装着せず、外観はあくまでもさりげない。
 
紹介する1 台は典型的なマグナスのクルマとはひと味違う。この1966年911は、彼のほかのオモチャに比べればファクトリーを出たときの姿を留めている。とはいえ見た目に騙されてはいけない。こう見えて、ちょっとした"スリーパー"、つまり"羊の皮を着た狼"だ。大人しい外見の下に意外なスピードとパンチを秘めているのである。


 
マグナスは1964~73年までの911を5年かけて収集していた。従って、このクルマを購入するチャンスが訪れたら逃すはずはない。ヨーロッパ仕様の1966年式で、マッチングナンバーの興味深い1台だ。1965年12月20日に製造されたので、FIAのヒストリックイベントにも出走できる。発見されたときはかなりひどい状態だった。東海岸のペンシルベニアにあったのがひとつの要因だ。
 
とはいえ、山ほど手をかける必要があるようなレストアベースにもマグナスはもう慣れていた。長年の間に所有してきたポルシェは39台に上り、全面的なレストアも何度か経験していたからだ。マグナスはこう語る。「クルマがどの地域にあったかは、それほど重要じゃない。1965~66年のクルマは、どれも錆の問題を抱えている。45年以上前のモデルだということを忘れちゃいけない。たしかに西海岸にあったクルマのほうが腐食している可能性は低いかもしれない。それでもこういう911は、ガレージで保管してきちんとメンテナンスしていない限りは必ず錆びる。なにしろファクトリーがフルガルバナイズ処理をするようになったのは1976年のことだからね」
 
クーペを自分のワークショップに持ち帰ってからも、数カ月間は手を付けなかった。「手に入れても、すぐに作業を始めるとは限らない。このクルマも例外じゃなかった」とマグナスは話す。2009年に分解を始めると、オリジナルのコンポーネントが多いことにすぐ気がついた。その一例がヨーロッパ仕様の計器類で、「11/65」というスタンプが押されていた。


 
エンジンフードとドアにも「233」という正規のナンバーが押されており、ダッシュボードの下にはグリースペンシルで書いた車台番号が残っていた。少々くたびれてはいるものの、まるでタイムスリップしてきたかのような状態だ。それを見て、外見は標準仕様のままにするというレストアの方向性はすぐに固まった。マッチングナンバーのサンルーフモデルなのだから、そのまま保存するのがふさわしいと考えたのだ。また、過去に“カスタム”された形跡もまったくなかった。かつて南カリフォルニアでは、初期の911に大きなホイールフレアを装着したり、外観をターボ風にしたりすることが多かったのである。
 
ボディワークは、フロアパンからフロントサスペンションメンバー、ロッカーパネルまで、かなり広範囲に手を加える必要があった。その一部は時と共に腐食の侵食を許していた。保護するものといえばファクトリーで施された控えめなアンダーコートだけで、路面からのあらゆる攻撃にさらされていたのだから仕方がない。ほかの部分は単純に戸外に駐車していたことが原因で湿気を吸い込んでいた。
 
電動式サンルーフのリビルドにも大きな困難が立ちはだかった。配線がチャネルの中で錆び、新しいモーターも必要だったからだ。2010年末には塗装に入り、表も裏も隅から隅までオリジナルと同じポロレッドでペイントした。


・・・次回へ続く

編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.)  Transcreation: Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:木下 恵 Translation: Megumi KINOSHITA Words: Stephan Szantai Photography: Stephan Szantai & Magnus Walker

RECOMMENDED